ビタミンDでダイエット!?飲んでみた体験談



管理人がダイエットをしている時、やはり体重が停滞して落ちにくくなることがありました。


そんな時に、その状況を打開してくれたものがいくつかあるのですが、ここではその中から、「ビタミンD」の効果について紹介したいと思いますm(_ _)m


ビタミンDと聞くとどんなイメージでしょうか?


カルシウムの吸収を良くして、骨を丈夫にしてくれる…、といったくらいの認識かもしれませんね^ ^


私もそれくらいしかビタミンDに対しては知識がありませんでした。


しかし調べていくと、様々な健康効果はもちろん、ダイエットに対しても非常に良いということが分かってきて、衝撃を受けました∑(゚Д゚)


ここでは、そんなビタミンDの効果の解説と、実際の体験談について、書いていきたいと思います!






ビタミンDとは…



ビタミンDは、脂に溶ける脂溶性ビタミンです。


食品にて摂取するのと、日光を浴びることで体内でも作られます。


カルシウムの吸収を良くする働きがあり、食品では魚やキノコ類、レバーや卵などに多く含まれています。


1日の推奨摂取量は5.5μg(220IU)で、耐用上限量は50μg(2000IU)に設定されていますが、現在は摂取量の見直しが検討されているとも言われます。


実際、アメリカでは1日の推奨摂取量は15μg(600IU)、耐用上限量は100μg(4000IU)となっていますし、


潜水艦の乗務員を対象とした実験(日の当たらない環境での実験)では、1日に400IUを摂取しても、適正な血中ビタミンD濃度を維持できなかったという結果が出ているそうです。


そうなると、屋内で仕事をしている人などは特に、日に当たることも少ないため、ビタミンDが不足しそうですね!


ビタミンDは意識的に、多めに摂るくらいの意識の方が良いのかもしれません。






ビタミンDの効果は?



ビタミンDの摂取は、様々な健康効果が報告されているようです。


・1日に1200IUのビタミンDを摂取することで、インフルエンザの罹患率が42%低くなった


・毎日1000〜2000IUのビタミンDの摂取で、大腸がんのリスクが50%、乳がんと卵巣がんのリスクが30%減った


・血中ビタミンD濃度が低いグループは、高いグループに比べて、直腸がんのリスクが男性で4.6倍、女性で2.7倍高くなっていた


・ビタミンD濃度の低い人ほど心血管疾患での死亡率が高い


・ビタミンD濃度の高い人ほど癌になってからの生存期間が長い


などの報告があります。


ビタミンD、凄いですね!


そして気になるダイエット効果についてですが、ビタミンDが足りないと、「レプチン」というホルモンの働きが阻害されます。


このレプチンは、満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれたり、脂肪細胞の分解を促進してくれたりする作用があるそうです。


ダイエットにおいては大事なホルモンと言えますね!


レプチンの働きを良くするためにも、ビタミンDをとりたいところです。


さらに、十二週間に渡ってビタミンDを1日1000IU摂取していくと、食事制限も運動もなく平均で2.7kgの体脂肪が減ったという報告もあるのだとか。


やはりビタミンDは、ダイエットにはとても大事な栄養素なのではないでしょうか^ ^






実際に使ってみた効果は?



私はダイエット中に体重が停滞した時、ビタミンDで体重が落ちやすくなるという情報を聞きつけ、早速試してみました。


魚なども食べていましたが、さらにサプリで1000〜2000IUほど追加で摂取。


すると停滞していた体重が落ち始め、数日で1.5キロほど落ちたことがありました笑


それで「ビタミンD凄い!」となり、習慣的にサプリで摂るようになりました。


私は目標体重を達成してからもずっと体重をキープ出来ていますが、その理由の一つにビタミンDを摂り続けているということがあるのではないかと思います^ ^


もちろん効果に関しては個人差があるとは思いますが、管理人的には実際の体験談から、ビタミンDの摂取はおすすめですよ!


興味があったら、ネットやドラッグストアでサプリ等を購入して、試してみても良いかもですね^ ^


だいたい一粒1000IUほど含まれている商品が多いので、それでいくと1日に1〜2粒ほどの摂取で良いかと思います。






いかがだったでしょうか?


みんながみんな同じ効果が出るとは言えませんが、私は自分の体験からビタミンDはおすすめだと思っています^_^


体重が停滞して落ちない!など、ダイエットで悩んでいる方は、試してみる価値があるかもしれませんよ!


ぜひ試してみてくださいね♪