猪肉はダイエット向き!カロリーや栄養、うつ病にも効果?



猪肉がダイエットに良いと注目されていることをご存知でしょうか?


冬などはぼたん鍋にして食べると美味しいイノシシですが、ダイエットにも良いとなると意外な感じがするかもしれません。


ここでは、イノシシのダイエット効果や栄養について、さらにうつ病などにも効果があるらしいので、合わせて紹介したいと思います^ ^


ジビエである猪はパワーがつきそうだし、ダイエットも出来たら素晴らしい食材ですね!


ぜひ参考にしてみてください♪






猪肉のカロリーや栄養について



いつか出張先にて入ったお店で猪肉を食べたのですが、そこにこのような表がありました。


猪肉はカロリーが低く、脂質なども低いのだなとその時に知ったのですm(_ _)m


その後改めてネットで調べてみたところ、猪肉は100gあたりのカロリーが268kcal、脂質19.8gとなっていました。


牛や豚と比較すると、牛肉は100gあたりのカロリーが411kcal、脂質37.4g。


豚肉だと100gあたりのカロリーが291kcal、脂質22.6gとなっていました。


私がお店で見た表とは若干違いましたし、上のデータも部位などによって変動すると思いますので、あくまで参考程度にということにはなると思います。


ですが、猪肉のほうが牛や豚と比較してもカロリーが低く、脂質も低いということは確かなようです。


さらに多く含まれる栄養素では、猪肉はビタミンB群が非常に豊富で、これも牛や豚より高いと言われています。


また、鉄分や亜鉛などのミネラルも豊富に含まれています。


ビタミンB群や鉄分・亜鉛は、代謝の際には必要な栄養素ですから、カロリーを燃焼する際には非常に大事ですね!


そういったこともあり、猪肉は摂取したカロリーを効率よくエネルギーに変えてくれて、その点でもダイエット向きなのではと思います^ ^






猪は脂身が多そうだけど、脂質が低い?



写真のように、猪肉といえば白い部分が多いため、脂身が多そうに思いますよね。


それなのに脂質が低いというのはどういうことなのでしょうか?


どうやら猪肉の白い部分は、脂身ではなく白身と呼ばれているそうで、脂質よりもコラーゲンが多い部分なのだそうです。


一見、脂に見える部分は、実はコラーゲンが大部分だったのですね!


コラーゲンといえばお肌にも良いですし、猪肉は美容効果も期待できるのではないでしょうか^ ^






おすすめの食べ方は?



猪肉は、新鮮なものは生でも食べれると言われるそうですが、やはり寄生虫などの危険もあるので、加熱して食べた方がいいでしょう。


オーソドックスにぼたん鍋が美味しくて良いと思いますし、冬場は特にいいですよね!


鍋にすることで温かいものを食べることになるので、DITも高くなり、さらにカロリーが消費されやすくなると思います^ ^




猪肉自体もダイエット向きな食材だと思いますが、鍋で食べるとまたダイエット向きに。


まさに一石二鳥、美味しさも入れたら一石三鳥かなと思います笑


機会があればぜひ猪肉を食べてみてくださいね^ ^






猪肉がうつ病に良い?



調べてみると、猪肉を食べて鬱が治った、という記事をよく目にします。


うつが良くなるはっきりした原因はよく分かりませんが、多くの人がそのように書いているところを見ると、効果があるのかもしれないですね。


猪肉は、持っているエネルギーが非常に高い、という風に考えられているようです。


実際、私が食べに行ったお店のご主人も言っていたのですが、野生のイノシシは一日に山道を何十キロも歩き回るのだとか。


野生動物特有のエネルギーの高さがあるのかもしれませんね。


実際、私も猪肉を沢山食べた夜は、決まって眠れなくなります笑


これはネットで調べてみても、猪やジビエを食べた人は、結構寝れなくなる経験をしている方が多くいらっしゃいました。


やはりそれだけ持っているエネルギーが高くて、うつ病も吹き飛ばしてしまうのかもしれませんね!


あとは個人的に調べたところだと、猪肉の脂質には「アラキドン酸」というものが含まれています。


このアラキドン酸は脳に作用し、うつ病や認知症に効果があると言われているそうです。


もしかしたらこういう栄養素が作用しているのかもしれません。


とにかく、猪肉が持っているパワーには計り知れないものがありそうです^ ^






いかがだったでしょうか?


ダイエットにもメンタルヘルスにも効果が期待でき、美味しい猪肉。


ぜひ機会があったら食べてみてくださいね^ - ^