インスリンやGI値を意識して、より良いダイエットを!



糖質の摂取の仕方は、ダイエットにおいてかなり重要になってきます。


糖質の摂取により、血糖値が上がることによって分泌される、「インスリン」というホルモンが、体重の増加などに関わってくるからです。


ここでは、インスリンとダイエットの関係、また血糖値を急激に上げないために考慮したい、「GI値」について解説していきます。


これらを知ってダイエットに取り入れていけば、よりスムーズに痩せていけるのではないでしょうか^ ^


また、健康面でも良い効果がたくさんあります!


ぜひご参考にされてください♪






ダイエット検定2級テキストより…



日本ダイエット健康協会の、ダイエット検定2級テキストには、インスリンについてこのように書かれています。



人間があらゆる活動をするためのエネルギー源として、血中には常に糖分などが流れています。


血糖値とは文字通り、血中の糖の量を表す数値です。


この血中の糖が過多になると血管を傷つけるため、急激に血糖値が上がった場合は脳にSOSサインが伝わり、


糖を血中から筋肉・肝臓・脂肪細胞にしまいこむ作用をするインスリンというホルモンが、膵臓のランゲルハンス島という部分から分泌されます。


インスリンは血糖値を下げる唯一のホルモンです。


インスリンが必要以上に分泌されれば、"血中エネルギーを脂肪細胞に貯めこみ続ける"状態となります。


貯め込まれたエネルギーは体脂肪へと変化し、肥満の原因となります。


また、インスリンの働きにより低血糖の状態がつくりだされるため、早い時間に脳が空腹状態と誤解して、必要以上に食欲を招きます。


したがって、食事法や食材の工夫によってインスリンの過剰な分泌を制御することが、肥満の予防につながってくるのです。



インスリンの分泌を考慮することで、ダイエットは進みやすくなるわけですね!




さらに、GI値についてはこのように書かれています。



食品に含まれる糖分は消化管壁を通じて血管に吸収されます。


このとき、血中の糖分量が急激に上昇すると、膵臓から分泌されるインスリンの量も多くなりますが、逆に上昇率が緩やかならばインスリン量は少なくなります。


この上昇率は、同じ糖質や炭水化物でも、食材によって、大きく異なっていることが分かっています。


食材・食品を摂取したときの血糖値の上がり具合を数値で示したものがGI値(Glycemic Index:グリセミック指数)で、この数値が高いほど「ダイエットの敵」といえます。



血糖値の急上昇を防ぐためにも、出来るだけGI値の低い食材を選ぶようにしたいですね^ ^






血糖値の急上昇を防ぐには、食べ方も大事!



血糖値の急上昇を防ぐには、GI値を考慮する以外にも方法があります^ ^


さらに、ダイエット検定2級テキストには、このように書かれています。



食後血糖値は、食品に含まれる糖質の比率が多いほど上昇しやすい傾向にあります。


主食のパン、麺類、ご飯、またはお菓子類や、糖分が添加されているジュース類などは、インスリンが特に出やすい食品といえるでしょう。


これらの食品を摂取する際に、繊維質やタンパク質食品などと合わせると、消化管からの糖分の吸収速度が遅くなり、血糖値が上昇しにくくなります。


このとき、食べる順番を工夫することで、さらに吸収速度を遅くすることができます。


一般的には、繊維質→脂質→タンパク質→糖質の順で胃に入れるとよいといわれますが、大切なのは先に糖質以外のものを胃に入れて、消化管と糖質食材との間に「堤防」をつくってしまうことです。


これだけで血糖値の急上昇を防ぐことができます。


甘い煮付けなど、使用する調味料に糖質が多く含まれているもの、また、揚げものの衣など糖質の食材が混ぜられているメニューなども、食べる順番を後ろにずらすとよいでしょう。



食べる順番を気をつけることでも、血糖値の急上昇を抑制することが出来るのですね!


これは簡単に導入出来るので、ぜひ食事の際には糖質以外のもの、特に繊維質のものから食べるように意識してみてください^ ^






いかがだったでしょうか?


血糖値の急上昇は、インスリンをたくさん分泌し、肥満の元になってしまいます。


しかも血糖値が高いと血管を傷つけることにもなるということで、様々な病気のリスクが高まってしまいますねm(_ _)m


ダイエット面でも健康面でも、血糖値の急上昇は良くないと言えます。


ぜひGI値の低い炭水化物を選んだり、食べる順番を気をつけてみるようにしてみてくださいね^ ^