「ダイエット」は「減量」ではない?!正しいダイエットの意味



ダイエット、と聞くと、体重を減らすこと。というイメージが強いですよね。


しかし、本来ダイエットという言葉は、減量という意味ではないらしいです!


ダイエットという言葉の本当の意味は何なのか?


正しい意味を知ると、単に体重を落とすこと以上に、大事なことが見えてきます。





ダイエット検定2級テキストより…



日本ダイエット健康協会の、ダイエット検定2級テキストには、ダイエットという言葉についてこのように書かれています。


巷では、"ダイエット"という言葉が氾濫し、その意味は


「体重を減らすこと。それを目的とする行動、考え方、もの全般」を表しています。


しかし、dietを英和辞典で調ベると、


①日常の食事②食事療法、規定の食事、食事制限③国会、議会ー


とされていて、日本でいうところの「やせる」「体重を減らす」という意味は見当たりません。


いわゆる"ダイエット"は②の結果的な部分から由来し、英語の本来の意味から逸脱した和製英語ということなります。


まずはこのことを認識しておく必要があります。


英語圏では、日本語のダイエットにあたる言葉は"weight loss"が一般的です。


ちなみにdietの語源は、ギリシヤ語のdieta(生活様式)であるという説が有力とされています。


〜ダイエットという英語は、「やせる」「体重在減らす」という意味ではない。


本来は、「食事」「食事療法」という意味だが、日本で使われている"ダイエット"は、


本来の意味から体重を減らすという部分だけをピックアップしてできた和製英語である。〜


とのことです。


単純に減量する、体重を減らす、という意味ではなく、食生活全般や生活様式という意味合いなのです。





ダイエットとは健康な生活習慣全般を指すと言える!



このような意味から考えると、ダイエットというのは、健康な生活習慣全般であると言えるのではないかと思います。


ただ単に体重を減らすことだけが目的になってしまうと、大事なものを見失うのではないかと思っています。


私がダイエットしようと思ったのは、見た目を良くしたいという理由ももちろんですが、健康になりたいという気持ちがありました。




無理な減量で健康を害してしまっては元も子もありません。


私も食べないダイエットやら糖質制限やらで、ダイエットに失敗したり、逆に不健康になったりしてきた経験があります^^;


(他の記事で紹介しております。)






やはり健康的な生活習慣というものを考えていくこと、その中にウエイトのコントロールが含まれる、と考えるべきです。


何のためにダイエットをするのかというと、きっと現状より幸せになりたいという気持ちが根底にあるから、という人がほとんどではないでしょうか。


その幸せになる、という目的のための手段が痩せること、ということでしょうから、


痩せた結果、健康を害して病気になったり不調に悩まされるようになっては、本来の幸せになりたい、という目的から外れていってしまうと思います。





ダイエットを一時的なイベントにしないように…



ダイエット=減量という考えだと、目標の体重になったら終了、という感じで、ダイエットを一時的なイベントと捉えてしまいがちです。


しかし健康な生活様式と考えれば、一時的なイベントではなく、ライフスタイルの一環としてずっと続けていくべきものと考えられます。


これが結構大事であると私は自分の経験から思うのですが、一時的イベントだと"すぐリバウンドしてしまう"のです。


やった、目標達成した!となって、それ以降生活がまた悪くなり、また体重が増え、また減量しないといけなくなる。。。


当然それにより健康状態も悪くなって、また不調に悩むことになる。


これでは健康面、美容面においても問題を繰り返すわけですし、何より増量減量を繰り返すのは精神的ストレスも大きいと思います。


ダイエットという言葉の意味を尊重し、健康な食生活・健康な生活習慣を日常にしていけば、それが自分にとっての当たり前になります。


習慣化されれば続けていくことは苦痛ではなくなります。


毎日歯を磨いたりお風呂に入ったりしないと気持ち悪いと感じるように、正しい生活習慣が乱れると逆に気持ち悪いと感じるようになります。


こうなるとリバウンドする確率も少なくなります。







いかがでしたでしょうか?


ダイエットという言葉の意味を正しく理解することで、減量増量を繰り返すことから解放され、なおかつ健康になっていけるのではないかと思います。


ぜひぜひ意識して取り組んでみてくださいね!