基礎代謝で大事なのは筋肉だけじゃない?!内臓や脳の重要性



ダイエットにおいて、基礎代謝を上げたい!と考える方は多いと思います。


確かに基礎代謝が上がれば痩せやすくなるし、低いよりは絶対高い方が良いですよね!


そして基礎代謝を上げたい場合、巷では筋肉を増やすことが大事!とよく言われるので、そのように考えている方が多いと思います。


だからみんなこぞって筋トレなど行って、筋肉を増やしてダイエットに活かそうとするわけですね。


しかし、基礎代謝を考える上では、この筋肉と同等以上に大事な要素があります。


その大事な要素について解説していきたいと思います。





ダイエット検定1級テキストより…



日本ダイエット健康協会の、ダイエット検定1級テキストには、基礎代謝についてこのように書かれています。


下のグラフは、基礎代謝に占める各組織のエネルギー量の割合を示したものです。


骨格筋以外の部分の占める割合は78%で、骨格筋の割合の22%よりはるかに大きいことがわかります。


さらに肝臓、心臓、腎臓の主要内臓の割合は38%で骨格筋の2倍近くあります。


さらに内臓筋は、主に消化·吸取時の蠕動(ぜんどう)運動等によりエネルギーを消費しますが、


この活動は自律神経により支配されており、安静時・睡眠時にかかわらす24時間営業で行われています。


すなわち基礎代謝を上げるためには、内臓の活動を正常化し活発にすることがー番の早道といえます。


それには、活動的で健康的な生活による代謝・血行の促進、自律神経の正常化がカギとなります。





骨格筋の占める割合は全体の22%、あとはその他の組織となっています。


特に心臓、肝臓、腎臓などの臓器と、脳を足した割合で60%近くになり、骨格筋の三倍近い割合になります。


筋肉ももちろん大事ですが、身体内部の組織がいかに大事かが分かりますね。





筋トレをやっても意味がない??



では筋トレをして筋肉を増やそうとしても、あまりダイエットには意味がないのでしょうか?


確かに筋肉自体は基礎代謝全体から見ると2割ほどの割合ですし、筋肉量が増えるには結構時間もかかると言われます。


基礎代謝という観点から見れば、あくまで基礎代謝を構成する要素の一部を補助的に上げる、といった効果は期待できると思います。


それに筋トレを行うと、その後に行う有酸素運動の効果が高まり、脂肪が燃えやすくなるという話もあるようです。


なので筋トレすること自体は、ダイエットの補助になると思いますし、やらないよりはやったほうがいいのではないか、というのが私の考えです。


確かに筋トレをすれば筋力の低下を防いだり、身体を引き締めたりすることも出来ますから、健康面でも美容面でもおすすめだなと思います。


ダイエットは運動よりも食事のほうがよっぽど大事だ、という意見もよく聞きますし、私も食事を気をつけるのがメインで運動は補助、といった感じで体重を落としました。


でも、周りのダイエットした人たちを見ていても思うのが、全然運動はせず食事だけで落とした人って、体重は落ちてるけど体は締まってないというか、見た目の美しさに差が出るなと感じてます。


やっぱり筋肉を動かしながら体重を落としていくと、締まってメリハリのある身体になるんですよね。


筋肉を動かさずに落とすと、どうも張りがないというか、弛んで垂れた感じの体というか…、ちょっと美しさには欠ける印象です。


なので個人的には、基礎代謝をめちゃくちゃ向上させる効果はそこまで期待出来ないものの、健康面や美容面から見たら、やっぱり筋肉を動かしたほうが良い!と思います。


筋トレをやるのはしんどいな…、と思う方は、普段歩いたりする時にちょっと姿勢を気をつけてみるだけでも随分違いますよ!


ウォーキング一つとっても、少し意識すればかなり筋肉を使いますし、自分も実践してみてなかなか効果がありました^ ^







内臓や脳を働かせるためには、きちんと食べて栄養を摂ろう!



基礎代謝向上のためには、比率の高い内臓や脳にきちんと働いてもらいたいところですが、これらの器官が働くためには栄養が必要です。


炭水化物や糖質も、摂りすぎると太る元ですが、全く摂らないと頭が働かなくなります。




過度な制限は良くないですね!


そしてビタミンやミネラルを含めた、栄養素をきちんと摂ることで、内臓も働きやすくなります。


栄養が不足すると、内臓が働けなくなってしまうので、健康面にも問題が出てきますし、基礎代謝が落ちて痩せにくくなります。


それに内臓機能が低下すると、肌荒れなども出やすくなったりしますし、健康面だけだなく美容面にも色々な悪影響が出てきます。


こういったことから考えても、やっぱり食べないダイエットは良くないですね^^;




きちんと毎食バランスよく食べて、ちゃんと栄養を摂りましょう!


そして内臓や脳をきちんと働かせて、基礎代謝をアップし、痩せやすい状態にしていきたいですね^ ^







キーワードは自律神経!



内臓などの働きを司っているのは、ダイエット検定のテキストにもありましたように、自律神経です。


自律神経を制するものはダイエットを制す!といっても過言ではないのでは?と、経験的には思っています。


しっかり自律神経を働かせる生活を意識すると、やはり体重が落ちやすかったですし、太りにくくなりました。


逆に自律神経をあまり働かせてない生活をした日なんかは、あまり食べてなくても体重が落ちなかったり、少し食べたらすぐ太ったり、ということが多かったです。


そういった経験から、やっぱり自律神経の働きって、ダイエットに凄く影響するんだなぁ、っと感じた次第でありますm(_ _)m


自分の詳しい体験談や、どういうことを実践したかなどは、以下のページに記載しております。




こちらもぜひ参考にしてみてください^ ^







いかがだったでしょうか?


基礎代謝を決めるのは筋肉だけじゃない、脳や内臓の占める割合はかなり大きい、ということが理解出来たのではないかと思いますm(_ _)m


内臓や脳をしっかり働かせるために、きちんと食べて栄養を摂取すること、自律神経を働かせるような生活を意識してみることなどを気をつけてみてもらったらと思います。


自分が成功した体験談からすると、それらは凄く大事なことだと感じます!


ぜひぜひ参考にされてくださいね^ ^