6つの基礎食品群と、食事バランスガイド



ダイエットをするためには、食事によってバランスよく栄養をとっていく必要があります。


私は自分の体験から、栄養バランスの良い食事によって、代謝が高まって痩せやすくなり、無駄な食欲も抑制されると感じました^ ^


では、バランスよく食べるためには何を参考にすれば良いかというと、「6つの基礎食品群」と「食事バランスガイド」が大事だと思っています。


ここでは、栄養バランスの良い食事をするためには押さえておきたい、この2つの内容について解説していきたいと思います^ - ^


ぜひぜひ参考にしてみてくださいね!






ダイエット検定2級テキストより…



日本ダイエット健康協会の、ダイエット検定2級テキストには、6つの基礎食品群についてこのように書かれています。


「6つの基礎食品群」とは、厚生労働省が国民の栄養知識の向上を図るためとして栄養教材に採用したものです。


食品に含まれる栄養素をバランスよく6つの食品群に分け毎日とらなければならない栄養素を多く含む食品を示したものです。


1群:「魚・肉・卵・大豆・大豆製品」(海鮮物、肉類、卵、納豆、豆腐など)
主にタンパク質のほか、ビタミンB群・脂肪・各種ミネラルなど


2群:「牛乳・乳製品・海草・骨ごと食べられる魚」(牛乳、チーズ、ワカメ、煮干など)
主にミネラル(カルシウム)のほか、ビタミンB群、ヨウ素、タンパク質など


3群:「緑黄色野菜・果物」(ホウレン草、ニンジン、カボチャ、トマトなど)
主にカロチンのほか、ビタミンC、各種ミネラルなど


4群:「淡色野菜・その他の野菜・果物」(キャベツ、きゅうり、ねぎ、レモン、イチゴなど)
主にビタミンCほか、各種ミネラルなど


5群:「穀類・いも・砂糖」(米、麺類、パン、芋類、菓子など)
主に炭水化物のほか、ビタミンB1など


6群:「油脂類脂肪の多い食品」(バター、サラダオイル、油脂の配合が高い肉類)
主に脂肪のほか、ビタミンA・ビタミンDなど


ダイエット中でもこの6つの基礎食品は全て摂取しなければなりませんが、体脂肪へと変化する三大栄養素、特に脂質・糖質については、摂取量をコントロールしていくことになります。


さらに体内の代謝を活発にするビタミンやミネラルは、積極的に摂取すべきでしょう。




栄養のバランスのよい食事を気をつけるなら、これらの食品を満遍なく摂取していく必要がありますね^ ^


自分の食事の中で、何が足りていないかなど、見返してみると良いかと思います!






さらに、ダイエット検定2級テキストより…



日本ダイエット健康協会の、ダイエット検定2級テキストでは、食事バランスガイドについてこのように書かれています。


「食事バランスガイド」は、厚生労働省と農林水産省の共同により平成17年6月に策定されました。


日本古来の遊具「コマ」をモチーフに使って、「食事の基本」身につけるための望ましい食事のとり方やおおよその量を示してあります。


ユニークでわかりやすいものとして、特定保健指導の指導材料に使われたり、最近ではスーパーや社員食堂などでも広く利用されています。


コマの軸は食事の中で欠かせない水・お茶などを表しており、上から主食、副菜、主菜、乳製品、果物の1日の必要量、また菓子類や運動についても描かれています。


また、コマなので「これらのバランスが悪いと倒れてしまう」ことも伝えています。


健康に支障を起こさないダイエットを行うために、このガイドに沿ってメニューに工夫するとよいでしょう。




さらに詳しい図は農林水産省のページでご覧になれます。




また年齢や活動量などからの消費カロリー量に応じた、1日に摂取する分量の目安は以下を参考にしてみてください。




こちらのページに記載されている量などに基づいて、メニューを組み立てていくと良いでしょう^ ^






6つの基礎食品群と食事バランスガイドを参考に、ダイエットメニューを作ろう



私自身がダイエットのメニューを組み立てるために、6つの基礎食品群と食事バランスガイドを参考にしていました^ ^


ダイエットでは、極端に食べる量を制限したり、単品ダイエットなどをやったりすると、高い確率で失敗したりリバウンドしたりしますm(_ _)m


栄養のバランスよく食べることによって、代謝も向上し、余計な食欲も抑制されると体験を通じて分かりました。


ぜひこれらを参考に、栄養のバランスが良いダイエットメニューを作っていきましょうね!


私の実際の成功体験談については以下に記載しております。


ぜひ参考にしてみてくださいね^ ^