夕食抜きダイエットは痩せない?デメリットや効果・リバウンドのリスクについて



夜は食べると太るから、あまり食べないほうがいい、という話を聞いたことがある方は多いと思います。


「朝は王様のように、昼は王子のように、夜は貧民のように食べよ」なんて言葉もあったりしますね!


確かに夜はDITも低いですし、自律神経の働き的に考えても、朝などに比べたら太りやすい傾向にあります。






それなら夕食は抜いたほうがいいのでは?ということで、完全に夜は食べないという人もいるかもしれませんね。


確かに食べなければ摂取カロリーは増えませんが、完全に食べないのは大丈夫なのでしょうか?


私は自分の体験から、完全に食べないというのはNGかなと思っています。


ここでは、なぜ夜食べないことで考えられるメリットやデメリットについて、実際の体験を元にお話ししていこうと思いますm(_ _)m






夕食抜きダイエットによるメリットは?



メリットは、ズバリ体重が落ちることでしょう。


夕食は一般的に、平均700kcalほどを摂取すると言われますので、その分が無くなるわけです。


これは大きいですよね!


また、夜は冒頭に言ったように、太りやすい時間帯でもあります。


この時間にカロリーが入ってこないので、太りにくいということもあるでしょう。






夕食抜きダイエットのデメリットは?



一食抜くというのは、空腹との戦いでもあります。


そのためストレスが溜まりますね。


ダイエットにおいては一番の敵がストレスですので、これは極力溜めたくないところです。




また、別のページにも書いていますが、夜食べないと血糖値の関係で不眠になりやすいです。


夜寝れないのはよりストレスがかかりますし、健康面でも良くないので、個人的には好ましくないかなと考えていますm(_ _)m




やはりストレスがかかることで、ダイエットというのは挫折しやすいんですよね。


また、完全に抜いてしまうと飢餓モードにも陥りやすいし、栄養も不足しやすくなるため、代謝が落ちて痩せにくい体になりがち。


代謝が落ちた状態の上に、ストレスからダイエットを断念してまた食べるようになると、あっという間にリバウンド…、ということにもなりかねません^^;


というわけで、管理人としては夕食抜きダイエットはあまりおすすめ出来ないかなと思っていますm(_ _)m






夕食は軽めに、炭水化物も摂取、がおすすめ



私のおすすめとしては、完全に抜くのではなく、軽い食事にするのがおすすめです。


まさに貧民のような感じにするのがいいでしょう笑


カロリーも平均より少ない400kcalほどに収めるように意識しています。


また、上にも書いたように、夜に炭水化物を抜くと寝れなくなる可能性があるため、沢山は食べないけど炭水化物もきちんと入れるようにしています^ ^


夜は沢山食べると太るというのは、自分も体感的に事実だと思いますが、完全に抜くことはデメリットが大きいので、このようなスタイルに落ち着きました。


実際これで痩せていきましたので、個人的にはなかなかおすすめですよ!






いかがだったでしょうか?


私は自分の経験から、夕食を完全に抜くより軽めに済ますのがおすすめです^ ^


夜は炭水化物を抜いたほうがいいと思っている方も多いかもですが、私は炭水化物を入れておいたほうが、夜も寝れるので良いと思います!


やはり基本は三食食べることだと思うので、食べて痩せるダイエットが一番だと考えております^ ^




ぜひ参考にされてみてくださいね♪