カツオでダイエット!効果やカツオのたたきレシピ



カツオは、カツオのたたきなどで食べると美味しいですよね!


そんな美味しいカツオですが、実はダイエットに向いている食材でもあります^ ^


ここでは、カツオのダイエット効果やおすすめのカツオのたたきレシピなどを紹介していきたいと思います♪


美味しくダイエットしていけたら最高ですよね^ - ^


ぜひ参考にしてみてくださいね!






カツオのダイエット効果



まずカツオのカロリーについてですが、カツオは時期によってカロリーが違います。


春鰹は100gあたり114kcal、秋鰹は100gあたり165kcalと、秋のほうがカロリーが高くなっています。


これは秋の方が脂の乗りが良いためで、美味しいけどカロリーは高くなるわけですね^^;


ですが、マグロの赤身が100gあたり125kcalですので、やはり春秋ともにヘルシーな食材ではあると思います^ ^


それに、カツオの脂はDHAやEPAが豊富で、良質な脂質です。


DHA・EPAにはダイエット効果もありますしね!




ちなみにDHA・EPAの含有量でいくと、春鰹はDHAが88mg、EPAが24mg。


秋鰹はDHA970mg、EPA400mgとなっていますので、ずいぶん差がありますね!


さらに、カツオにはL-カルニチンも多く含まれています。


L-カルニチンは赤身肉にも豊富に含まれていて、ダイエットにはとても有り難い栄養素です^ ^




L-カルニチンは、脂質の代謝にとって重要な栄養素で、脂肪を燃焼しやすくしてくれる効果が期待できます。


これらのことから、カツオはダイエット効果として非常に良い食材と考えれると思います♪






カツオのたたきのレシピは?



カツオといえば、カツオのたたきですよね^ ^


カツオのたたきはポン酢で食べることが多いと思います。


ポン酢も大さじ一杯18gあたり10kcalほどなので、ヘルシーな調味料です^ ^


ですがよりヘルシーで美味しくおすすめなのが…





ズバリ塩で食べることです^_^


カツオの本場高知では、「塩たたき」と言って、ポン酢より塩を使うことが多いです。


私も仕事や旅行で高知には何度か行ったことがありますが、カツオのたたきに塩はとても良く合いますよ!


おすすめです^ ^





また、カツオのたたきは、にんにくや玉ねぎと一緒に食べることが多いと思います。


このにんにくや玉ねぎには、「アリシン」というものが含まれており、アリシンはビタミンB1の吸収を助ける働きがあり、カツオのビタミンB1吸収に役立ちます。


そしてビタミンB1は、糖質の代謝に働くため、ダイエットには良いわけです^ ^





以前高知で食べたカツオの巻き寿司。


これも、にんにくと一緒に巻かれていました^ ^


このようにご飯と一緒に食べても、速やかにエネルギーとして代謝してくれそうですね!




また、余談ですがビタミンB1はチアミンとも呼ばれます。


チアミンとアリシンが結合すると、アリチアミンというものになりますが、栄養ドリンクのアリナミンの名称はここから来ているそうです^ ^


B1とアリシンの組み合わせは疲労回復にも良いですから、疲れている時なんかにもカツオのたたき+にんにく・玉ねぎは良さそうですね!


というわけで、カツオのたたきを食べるなら、玉ねぎやにんにくと共に、塩たたきで食べるのがダイエット的にはおすすめです^ ^


もちろん味も美味しいですよ♪






注意点は?



アリシンが含まれ、カツオと味的にも相性のいいにんにくや玉ねぎですが、場合によっては注意点もあります。


アリシンは殺菌効果が強力で、にんにくや玉ねぎを生で摂取したり、過剰に摂取したりした場合、胃腸内の腸内細菌等を殺してしまい、胃腸障害を起こしてしまうことがあるそうです。


確かにカツオのたたきには、生のにんにくや玉ねぎが添えられることが多いので、食べ過ぎには注意したほうがいいかもしれません。


気をつけて召し上がってくださいね!m(_ _)m






いかがだったでしょうか?


カツオはヘルシーで栄養もあり、ダイエットには向いている食材だと思います^ ^


ぜひ有効に取り入れてみてくださいね!