ダイエット中でも食べれる、おすすめのレトルトカレー



カレーは太りやすいので、ダイエット中は避けたい食べ物ですよね!


でもレトルトカレーなどは手軽に出来るし、時間がない時は便利。


何よりカレーは美味しいので、ダイエット中でも食べたくなる時がありますよね^^;


ここでは、ダイエット中でも食べれるような、おすすめのレトルトカレーを紹介したいと思います♪


痩せたいけどカレーが好き!時間がないからレトルトで手軽に済ませたい!という方には特におすすの内容です^ - ^


ぜひ参考にしてみてください☆






カレーはなぜ太る?



カレーを食べた翌日って、体重が増えていることがよくありますよね(>_<)


カレーは、ライスやナンと一緒に食べる場合が多いですが、これが実は太りやすい元となっています。


太りやすい組み合わせというものがあるのですが、脂質と糖質の組み合わせが最も太りやすいのです。


カレーに含まれる脂質と、ご飯やナンの糖質が組み合わさることによって、太りやすいメニューの完成となってしまいます。。。


カレールーには脂質が結構沢山入っているのです。





そう考えると、カツカレーなどは特に太りやすいメニューということになります。


カツの油(小麦粉の糖質も)がさらにプラスされてしまうので、ダイエット中は避けたいメニューです(>_<)


今思えば、私も太っていた頃は、こういうメニューをたくさん食べていたように思います^^;


そりゃ太っていたわけだよなと今になって感じますね!






レトルトカレーの脂質は?



ちなみに一般的なレトルトカレーのカロリーや脂質についてですが、まずお馴染みのボンカレーゴールドの場合。


こちらは一パックあたりのカロリーが159kcalで、脂質が7.2gあります。


ダイエット中であれば、やはり脂質はもう少し抑えたいなというところですね。


これまたお馴染みのカリー屋カレーだと、一パックあたり172kcalで、脂質は8.9g。


そしてちょっと値段も高めで美味しいところだと、銀座カレーが一パックあたり243kcalで、脂質は15.8gとなっています。


やはり神のいたずらなのか、、、美味しいものほどカロリーも脂質も高く、太りやすくなっていることが分かりますね^^;






ダイエット中でもおすすめのレトルトカレーは?



私のおすすめは、マイサイズの100kcalカレーです!


まずカロリーが一パックあたり100kcalより少し低いくらいで、非常に低カロリー。


色々種類が出ていますが、カロリーはどれも100kcalを少し下回る程度のカロリーとなっていました^ ^


さらに脂質についてですが、これは種類によって差があります。


中でも脂質量が少ない商品があるので、それを選ぶのがいいでしょう。


ちなみに脂質が低いのは、写真の欧風カレーが3.8g。


あとはスパイシーチキンカレーが脂質3.9g。


さらにカレーではないですが、マイサイズのハヤシは脂質3.3gとなっています。


これらが特に脂質が低く、4gを下回っていておすすめです^ ^


あとは、バターチキンカレーが脂質4.2g。


カレーではないですが、同じくマイサイズのクリームシチューや親子丼なども脂質4.2g程度なので、おすすめですよ♪


また、同じマイサイズの商品でも、一見脂質が低そうな気がする和風カレーは6.2gと、少し高いので注意が必要ですm(_ _)m






いかがだったでしょうか?


レトルトカレーは便利だし美味しいのですが、脂質量に注意が必要ですね!


しかし商品を選べば食べれますし、太りにくくなるので、ダイエット中でも食べることが可能になります^ ^


あとは糖質量を少なくするために、ご飯の量をやや少なくするとか、同じくマイサイズのマンナンご飯などを使うなどして工夫するとより良いかもしれません。





色々工夫をしてみることで、ダイエット中でも美味しくレトルトカレーが食べれますし、むしろ低カロリーでダイエットが上手く進むことになるかもしれません^ ^


ぜひ参考にしてみてください♪