ダイエット中のおやつにおすすめのコンビニ商品



ダイエット中はおやつは食べないほうがいいと思いつつ、どうしても食べたくなる時もありますよね!


しかしダイエット中であっても、ある程度気をつければ、おやつを食べることも可能です。


ここでは、ダイエット中のおやつの選び方、そしておすすめのコンビニ商品などについても紹介していきたいと思います^ ^


やはりおやつは心の安らぎですよね!笑


うまくおやつを取り入れて、ストレスを溜めずにダイエットしていきましょう☆






おやつは低カロリー・低脂質なものを選びましょう



おやつを選ぶ際、まず気をつけたいのはカロリーです。


やはりダイエットは、なんだかんだでカロリー計算が一番成果に繋がると思います。


様々なダイエット法を試した人たちも、最終的には結局みんなカロリー計算に行き着くと言われるからですm(_ _)m




ですので、おやつを選ぶ際はまずカロリーを確認し、カロリーが少ないものをチョイスしましょう。




そしてカロリーの次は、そのカロリーを構成する成分です。


すなわち炭水化物、タンパク質、脂質の三大栄養素ですね。


このうち、できるだけ脂質が少ないものを選んだほうが良いです。


太るといえば糖質が太るイメージがあるかもしれませんが、一番太るのは糖質と脂質の組み合わせであると言われます。


なので糖質単体ではそこまで太る心配はないと思いますので、脂質をあまり含まないものを選ぶのがいいですね。


特に脂質はカロリーも高いので(1gあたり炭水化物とタンパク質は4kcal、脂質は9kcal)、カロリーの低いものを選ぼうとすると、必然的に低脂質になってくるかもしませんね。


とりあえずおやつの選び方としては、低カロリー・低脂質を意識してみましょう^ ^






お菓子なら、洋菓子よりも和菓子をチョイス!



お菓子は、ケーキをはじめとした洋菓子よりも、和菓子がおすすめです。


洋菓子は脂質が多く含まれているため、カロリーも高く、体脂肪として蓄えられやすい傾向にあります。


その点、和菓子は脂質がほとんど含まれていないため、おやつとしては優秀です。


お茶+和菓子の組み合わせなどは、味的にも合いますし、ダイエットにも有効ですね^ ^




ちなみに私は、ダイエット中は大福などをよく食べていました。


なんとなく太りそうなイメージがあるかもですが、和菓子なので脂質は少ないです^ ^


ぜひ以下も参考にしてみてくださいm(_ _)m




上のページにも書いていますが、私はローソンの豆大福がおすすめです笑(≧∀≦)






パン系ならこういうものを選びましょう



パンはご飯に比べると脂質も多いと言われます。


ですが、時にパンも食べたくなるものですよね!


コーヒーや紅茶と一緒に食べると合いますし、ちなみにコーヒーや紅茶にもダイエット効果があります♪






パンをおやつで食べるなら、以下のような商品がおすすめです。





こちらはセブンイレブンで売られている商品になります^ ^


二枚入りで、ブルーベリーのほうは一枚あたり119kcal、脂質1.8gで、あんバターのほうは一枚あたり140kcal、脂質1.7g。


いずれもカロリー少なめで脂質も低いので、おやつには良いと思います^ - ^





そしてこちらはローソンのパンになります。


これは一個あたり80kcal、脂質2.0g、しかも食物繊維が豊富で、糖質が少ないのも特徴的です^ ^


こちらの商品については、以下のページでも詳しく書いていますので、参考にしてみてください。




美味しくて低カロリーでかなりおすすめです^ ^


コンビニ商品も、なかなか優秀なおやつが多いですね♪






スイーツ系も食べて大丈夫!おすすめはこちら



アイスやチョコレートなど、スイーツ系のメニューも、ものによっては食べても大丈夫です^ ^


少量を嗜む程度であれば、カロリーもそう高くならないので、ダイエットへの影響はそこまでありませんm(_ _)m


スイーツ関連のコンビニ商品については、以下のページにまとめてあります。




ぜひ参考にしてみてください♪


私がダイエット中によく食べていたものを紹介しております!






カロリーに気をつければ、ダイエット中でもおやつは食べれます



はじめに言ったように、ダイエットではカロリー計算が最も大事だと思います。


食事でとったカロリーと、おやつのカロリーを足したものが、一日の消費カロリーを下回っていれば大丈夫なわけです。


しっかり一日のカロリーを計算してみて、可能な範囲で食べるようにしてみてください^ ^


おやつはダイエット中であっても、大事な心の栄養だと思います♪


ぜひ参考にしてみてくださいね!