バイキング・ビュッフェでも痩せる?ダイエット向きな食べ方について



バイキング・ビュッフェというと、食べ放題なこともあり、太ってしまいそうなイメージがありますよね笑


しかもカロリーが高そうなものも並んでいるので、よりそう思うかもしれません。


しかし、食べ方に気をつければ、実はバイキング・ビュッフェはむしろダイエット向きなのではないか?とも思っています!


ここでは、バイキング・ビュッフェでも太らない食べ方、そして逆にダイエット向きになる食べ方などに関して、紹介していけたらと思います^ ^


好きな方には有り難い情報ですよね笑


ぜひ参考にしてみてください!






バイキング・ビュッフェはバランスよく栄養がとれる



バイキング・ビュッフェでは、豊富な食材をとることが出来ます。


肉・魚・卵・乳製品・野菜・果物・海藻類・豆類・穀類…


なかなか普段の食事でここまで揃えようと思ったら大変ですよね笑


このホームページのコンセプトである、食べて痩せるダイエットでは、栄養のバランスを良く食べることが大事です。


それによって代謝も高まり、余計な食欲も抑制されるからです。




そういう意味では、バイキング・ビュッフェは、むしろダイエットに向いていると言えるのかもしれませんm(_ _)m


ですが、食べ方を間違うと逆に太りやすいので、それは注意が必要です^^;


以下に食べ方のポイントを書いていきます^ ^






ポイントその1・まず野菜を沢山食べる



バイキング・ビュッフェでは、サラダをはじめ様々な野菜メニューが置かれていますよね。


まずは繊維質のものからとり、糖質は最後に持ってくることで血糖値の急上昇を避けることができます。


血糖値が急上昇してインスリンが沢山分泌されると、その分体脂肪として蓄えられやすくなってしまうからです。




繊維質の野菜を先に沢山食べることで、糖質の吸収が緩やかになり、また咀嚼回数が増えるので満腹中枢が刺激されやすく、食べ過ぎを防いでくれます。


バイキング・ビュッフェは、サラダ一つ取っても、種類がたくさんあって素晴らしいですよね^ ^


栄養の面から考えても、一つの野菜から栄養を摂るより、様々な野菜を食べた方が色んな栄養がとれて良いです。


そしてバイキング・ビュッフェだと、豆類や海藻類も置かれているところが多いですよね。


これらも一緒に食べるようにすると、野菜だけだととれにくい栄養も沢山とれますし、繊維質もさらにとれるのでおすすめです^ ^


管理人の体験談にも書いていますが、厚生労働省の基準では、野菜だけで一日350g必要とされています。


バイキング・ビュッフェで、たくさんの量と種類の野菜をとれるようにしましょう^ ^


また、食べて痩せるダイエット体験談は、一日の食べ方を考える上で非常に参考になると思いますので、ぜひこちらも読んでみてください^ ^










ポイントその2・揚げ物は控えめにする



唐揚げや天ぷらなど、結構美味しそうな揚げ物類も並んでいますよね!


しかし揚げ物は脂質の塊で、なおかつ小麦粉の糖質も含まれるため、脂質+糖質という最も太りやすい組み合わせです(>_<)


これはバイキング・ビュッフェに関わらず、普段から出来るだけ避けた方がいい食品でもあります。


でも食べ放題となったら、美味しいとついつい沢山取ってしまいがちですよね!^^;


でもここは太る元と考え、揚げ物は食べないもしくは控えめにするようにしましょう。


私もバイキングに行ったら、揚げ物系は食べても一品二品くらいに極力抑えるようにしていますm(_ _)m


ただ、今日はチートデイだからカロリーをガッツリとるぞ!という時はいいかもしれません。




そういう特別な理由がない限りは、揚げ物類は控えるよう注意しましょうね!






ポイントその3・食後にコーヒー紅茶を飲もう



コーヒーや紅茶はダイエット効果が期待できる飲み物です。


写真のようなコーヒーゼリーもOKです^ ^


これらの効果については、以下に詳しく書いていますのでご参照下さいm(_ _)m






食後のスイーツは太る元というイメージが強いと思いますので、たくさんは食べないほうがいいでしょう。


ですが、コーヒーや紅茶と共に少量食べるくらいは、私の体感的にはそこまで問題ないように感じています。


というのも、スイーツ類も悪い効果ばかりではないからです。


和菓子が置いてあるところなら和菓子をチョイスしてもいいかと思います。


食事のほうで沢山脂質をとっていたら良くないかもしれませんが、脂質控えめのメニューを選んで食べたのならほぼ問題はないでしょう。




あとはケーキ類を置いているところもありますが、クリームの種類によっては食べても良いのではないかと思っています^ ^


ケーキについては以下をご参照ください。








ポイントその4・行くなら朝もしくは昼



食べる量がどうしても多くなりがちなバイキング・ビュッフェは、出来たら夜には行かないほうがいいでしょう。


夜は自律神経の働きからも、消費ではなく貯蔵する時間帯です。


逆に夜を控えめにするだけで、ダイエットは非常にスムーズになります。


そういったことから、バイキング・ビュッフェに行く場合は朝食、もしくはランチがいいでしょう。


朝は旅行などでホテルに泊まった際など利用することが多いかもしれませんし、ランチビュッフェをやっている店も多いですよね^ ^


朝や昼だとカロリーを消費する時間帯で、運動量も夜より多いですし、おすすめかなと思いますm(_ _)m


とりあえず、バイキングであるかどうかに関わらず、夜は控えめな食生活を心がけたいですね!






私のビュッフェメニューの例と一番大事なポイント



写真は、ある日の私のビュッフェメニューの例になります^ ^


タンパク質も肉魚卵と色々とり、野菜や海藻などはたっぷり、チーズなどの乳製品も含んでいます。


炭水化物はこの段階では取りませんでした。


このあとご飯を沢山入れ過ぎずに取り、カレーを少々と漬物でいただいて炭水化物を摂取^ ^


最後にコーヒーと少しのフルーツとスイーツを食べて終了でした。


野菜を豊富にとれるのでお腹いっぱいになりますし、栄養が満遍なくとれます。


やはり食べて痩せるダイエットの原則通り、バランスよく栄養をとることが何より大事です。


栄養バランスよく食べるという、最も大事なポイントを守りながら、バイキングを楽しむと良いと思います!






いかがだったでしょうか?


バイキング・ビュッフェは、視点を変えると実は凄くダイエット向きだと言えると思いますし、私も今でもよく利用しています^ ^


栄養バランスよく食べることは、味も美味しく感じますし身体も喜んでる感じがありますね!


美味しくてダイエットにも良いので、とてもお気に入りです♪


ぜひ試してみてくださいね!