人参(ニンジン)はダイエットに不向き?効果は?サラダやにんじんしりしりなどレシピも豊富



人参は私たちにとって身近な野菜ですが、ダイエットに対する効果としてはどうでしょうか?


ニンジンでは痩せない、という話もあったりしますが、実際のところどうなのか気になりますよね^ ^


ここでは人参のダイエット効果について、またどんなレシピがよりおすすめかといったところも、紹介していきたいと思います!


サラダにしたり、生でそのまま野菜スティックのように食べることも出来ますし、沖縄ではにんじんしりしりなんてメニューもありますよね^ ^


色々なバリエーションで食べれる人参を、ぜひダイエットで活用してみてください☆






ニンジンのカロリーや栄養は?



人参は100gあたりのカロリーが、37kcalと低カロリーです。


また栄養も豊富で、βカロテン、ビタミンA、カリウム、食物繊維なども豊富に含まれています。


にんじんに含まれるβカロテンは、肌のターンオーバーを促してくれるため、ダイエットだけでなく美肌効果も期待できるかもしれません^ ^


アンチエイジング効果も高く、肌の老化やシワなどの改善にも効果的と言われているそうです♪


低カロリーで栄養が豊富というのは、ダイエットには非常に向いている食材と考えています。


なぜなら、このホームページで紹介している食べて痩せるダイエットでは、カロリー計算と栄養のバランスよく食べることで、痩せていく体を作っていくことに繋がるからです。






バランスよく食べることで、代謝も上がって痩せやすくなり、余計な食欲も抑制されると感じています^ ^


よってニンジンは、ダイエットにはぜひ取り入れたい食材です!


巷ではにんじんは糖質やGI値が高いので、ダイエットに不向きとする説もありますが、私はダイエット中はよく人参を食べていました。


それでもちゃんと痩せていったので、不向きというわけではないのかなと思っています♪






人参を食べる際のレシピは?



にんじんは色々な食べ方が出来ますね。


スライスしてサラダに入れてもいいですし、野菜スティックなどはそのままポリポリ食べれていいかもしれません^ ^


ウサギのようですが笑、そういう食べ方のメリットとしては、かみごたえを得ることが出来ることでしょう。


しっかり噛んで食べるので、咀嚼回数が増え、満腹中枢を刺激しやすくなります。


満腹感を得ることが出来るのは、ダイエット中には良いことですよね♪


ただし、生のニンジンには「アスコルビナーゼ」という酵素が含まれており、この酵素がビタミンCを壊してしまいます。


これはきゅうりも同じですね。




なので、もし生で食べる場合は、お酢をかけたり、お酢の入ったドレッシングやマヨネーズをかけたりするのが良いでしょう。


野菜スティックなどはディップにマヨネーズ・酢が入っていることが多いので良いかもしれません^ ^


さらに、ニンジンに多く含まれるβカロテンは、脂溶性であるため、油と一緒にとると吸収が良くなるというメリットもあります。


ただ、脂質はカロリーが高いですから、あまりたくさんはつけ過ぎないように気をつけましょうね!






加熱するメニューとしては、沖縄でよく食べられる、にんじんしりしりなども美味しいですよね♪


ちなみにダイショーさんからにんじんしりしりのたれが出ているので、人参と卵と豚肉などがあれば、これをかけて炒めるだけで簡単に作れます^ ^


これは便利で良いですね!


しかも、先ほどのアスコルビナーゼですが、対処法はお酢をかけるだけでなく、加熱するという方法も有効。


炒めるのでその点についても安心ですし、卵や豚肉の油と合わさりますから、βカロテンの吸収も良くなると思います^ ^


こちらもおすすめです☆






人参の豊富な栄養をダイエットに活用しましょう



糖質やGI値の関係で、ダイエットには不向きとも言われるニンジンですが、低カロリーで豊富な栄養を持つ食材ですので、ぜひ取り入れたい食材だと思います。


私が実際に、食べて痩せるダイエットで成功した体験から考えると、やはりまずバランスよく食べることとカロリー計算が最も大事な要素だと思います。


PFCバランスを考えたり、六大栄養素をバランスよく摂取したり。






GI値などの要素ももちろん大事なのですが、まずカロリーと栄養が第一です。


それに、食べる順番などを考慮することでも、糖質の吸収をゆっくりにしたりできますしね!




何より私自身がダイエット中に人参はよく食べていたけど、ちゃんと痩せていったので、それなりに説得力はあるかなと思います^ - ^


ニンジンをダイエットメニューに、ぜひ参考にしてみていただけたらと思います♪